2019年5月1日水曜日

スミレとタチツボスミレ

スミレは、万葉集にも記載があるように、タンポポやレンゲソウとならんで日本の春を代表する野草です。一般的にはスミレとはスミレ属の植物の総称ですが、狭義には、スミレ(Viola mandshurica) 種を指します。スミレ属は世界の温帯に約400種、日本には約50種が存在しています。その他、地方変異やさまざまな変異があり、非常に多くの変種や品種が知られています。園芸用に栽培されているものも多数あり、パンジーもその一つです。
 上の写真は蔵王の農場で撮影したスミレ(Viola mandshurica)です。深い紫(菫色)の花とちょっと矢じり型の丸い葉が特徴です。一般的に最も多く見られるスミレ種はタチツボスミレ(Viola grypoceras)で、ここでも群生していますが(下写真)、そこからポツンと離れて一輪だけ咲いていました。

 スミレは食用や薬用としても用いられます。山菜として、花の二杯酢、葉の和え物、浸し物、煮物、天ぷら、スミレ飯などがあります。薬用としては、お茶にして飲む民間療法が伝わっています。また、新鮮な葉をよくもんで傷口や腫れものに貼ると、解毒や腫れをとる効果もあるとされています。牧野和漢薬草大図鑑にも、”各種の腫物などに使用される”と記載されています。


 

2019年1月13日日曜日

遠刈田温泉

 前回紹介した神の湯の足湯がある遠刈田温泉(とおがったおんせん)は、宮城県刈田郡蔵王町にある温泉です。車で行くには、東北自動車道を村田インターチェンジでおりて、県道25号線と県道12号線を経由して蔵王エコーライン方向に進むと、約20分ほどで遠刈田温泉に到着です。仙台からは約1時間ほどなので、日帰り温泉としても魅力的です。


 温泉発祥は今から400年ほど前とされていますが、岩崎山の金を掘って財を成した金売橘次(源義経を奥州平泉に連れて行った人物として有名)が霊泉を発見したのが始まりとの伝承があります。江戸時代からは、蔵王連峰・刈田岳山頂にある蔵王権現(現在の刈田嶺神社(奥宮))への講中登山の宿場町あるいは湯治場として賑わったようです。上の写真は県道12号線沿いにある温泉街の写真です。何軒か旅館やホテルがあり、その他公衆浴場も2件あります。日帰り入浴できる宿もあります。その他エコーラインや、烏帽子スキー場に向かう経路上に、何軒かホテルや旅館が点在しています。旅番組で取り上げられるような有名旅館もあります。
 車で蔵王エコーラインに向かう場合は、一瞬で通りすぎるためあまり温泉情緒を感じませんが、一度、途中で駐車場(無料駐車場もあります。)に車を止めて、立ち寄り入浴や街の散策をしてみることをおすすめします。

2019年1月6日日曜日

新年おめでとうございます。


新年おめでとうございます。今年は頑張って身近な植物や、蔵王近辺のお役に立てる情報をご紹介できればと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
 上の写真は、元旦にお参りした蔵王町遠刈田温泉にある刈田嶺神社(里宮)の写真です。昨年も紹介しましたが、刈田嶺神社は、刈田岳山頂にある奥宮とこの里宮が一対となっており、御神体は夏季は奥宮、冬季は里宮を季節遷宮しています。
 「蔵王連峰」の "蔵王" は、かつて両宮が祀っていた蔵王権現に由来しています。写真の大鳥居にも蔵王大権現の名が記載されていました。
 神社は遠刈田温泉の中にあり、隣は共同浴場の神の湯です。隣には無料の足湯も併設されています。お湯は無色透明でかなり熱めです。


2018年6月12日火曜日

ドウダンの森のサラサドウダン


 6月9日に訪れた南蔵王のドウダンの森のサラサドウダンです。平年は6月中頃が満開とのことですが、今年は春先から暖かい日が多かったせいか花はもうあまり残っていませんでした。サラサドウダンはツツジ科ドウダン属の低木です。よく家庭で植えられている真っ赤に紅葉するドウダンツツジの近縁種です。北海道西南部、本州全域、四国の徳島県に分布し、ドウダンツツジと違って、より深山の冷涼な岩地に生育しています。小さな釣鐘状の可憐な花は、先端が淡紅色で、下部は黄白色で紅色の縦条が入っているのが特徴です。


 ドウダンの森は、蔵王連峰のうち、宮城県側の南蔵王の不忘山の山麓にあります。宮城蔵王の遠刈田温泉から車で約20分程のところです。蔵王連峰も、エコーラインの通る刈田岳など中央蔵王は観光客で賑やかですが、南蔵王は訪れる人も少なく静かです。不忘山は花の山として知られており、「NHK版 花の百名山」(山と溪谷社、1996年)と「決定版 花の百名山」(山と溪谷社、2002年)にも選定されています。確かビデオでは、サラサドウダンも取り上げられていたように記憶しています。
 訪れた日は、園の駐車場には車が一台もなく静かでした。ただセミの鳴き声のようなものが静寂を破ってこだましていました。帰って調べてみると、エゾハルゼミの鳴き声でした。そういえば、先日行った蔵王エコーラインの中腹でもうるさいくらいに鳴いていました。園地に入ると、カジカガエルの鳴き声も聞くことができました。

2018年6月8日金曜日

チーズ工場のバラ園


 蔵王の7日原高原の入口にある、蔵王酪農センターチーズ工場のバラ園が今見頃です。上の写真は6月4日訪ねた時の写真です。蔵王酪農センターには、牧場、ふれあい牧場、チーズ工場、飲食店、チーズ直売店、研修所など、さまざまな施設があります。
 一般財団法人蔵王酪農センターは昭和35年酪農の経営合理化の研究を目的として神奈川県厚木市に設立された「財団法人酪農電化センター」を前身として、昭和39年に現在の蔵王の地に移転し、酪農普及のための様々な事業を行っています。

 チーズ工場に隣接するバラ園は、約400種類の1800株のバラが植えられています。イングリッシュローズやオールドローズなど、香りの強い原種に近い種類が多いのが特徴です。高価な精油が採油される、ダマスクローズも見ることができます。見ごろのピークは6月上旬~7月上旬です。

2018年5月29日火曜日

蔵王山の御釜と高嶺桜


 久しぶりの投稿です。上の写真は5月26日に撮影した蔵王の刈田岳山頂から望む御釜の写真です。好天に恵まれた1日でしたが残雪がかなり残っており、5月の末にしてはかなり肌寒く感じました。蔵王山は今でも活動している活火山です。最近では、2013年1月に火山性微動が発生して以降、地震活動がやや活発な状況が継続しており、一時警戒レベルが2に引き上げられ、御釜(想定火口域)より1.2km以内が立ち入り禁止区域に指定されていました。現在は警戒レベルが1に引き下げられ通常に戻ったようです。
蔵王山火災防災情報
 


 上の写真は山頂レストハウス付近に群生している高嶺桜の写真です。タカネザクラ(高嶺桜、学名: Cerasus nipponica (Matsum.) Masam. & S.Suzuki)は、桜の野生種の一つで最も高地に咲く桜です。蔵王山山頂付近は高嶺桜の群生地として知られています。平年は6月中頃が満開のようですが今年は早いようで今が満開でした。高嶺桜の花の色は、薄紅色から白まであるようですが、蔵王山の桜はほぼ純白に近くそれがまた青空に映えていました。

2018年1月8日月曜日

蔵王権現?

刈田嶺神社(里宮)

1月6日参拝した刈田嶺神社の写真です。刈田嶺神社(かったみねじんじゃ)は、蔵王エコーラインや御釜で有名な蔵王連峰の宮城県側、刈田岳東麓の遠刈田温泉にある神社です。刈田岳(標高1,758m)山頂の「刈田嶺神社」と対になっており、山頂の同名社を「奥宮」、当社を「里宮と言います。神体は、夏季に山頂の「奥宮」に、冬季は麓の「里宮」にと、両宮の間を季節遷座しています。https://ja.wikipedia.org/wiki/刈田嶺神社_(蔵王町遠刈田温泉)

刈田嶺神社より望む蔵王連邦

 蔵王連邦の『蔵王』とは、日本独自の山嶽仏教である修験道の本尊である蔵王権現(ざおうごんげん)にちなんだ名前です。蔵王権現は、インドに起源を持たない日本独自の仏とされており、奈良県吉野町の金峯山寺本堂(蔵王堂)の本尊として知られています。
 蔵王の名称は、白鳳8年(679年)、大和国・吉野山から、修験道の祖として有名な『役行者』が、蔵王権現を現在の不忘山(宮城県側)に奉還し、周辺の奥羽山脈を修験道の修行の場としての「蔵王山」と称したことに由来すると伝承されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/蔵王権現

蔵王参りの碑?

 その後蔵王山は修験堂の聖地としていくたの盛衰を繰り返してきました。
石碑には、麓の遠刈田温泉は江戸時代末期になると蔵王山に参る人々で賑わったと記載されていました。明治維新時の『廃仏毀釈』により「蔵王権現」は改称され、現在の刈田嶺神社は天水分神および国水分神」の2神が祀られています。